遺品整理業者を利用するメリット・デメリット

遺品整理業者を利用するメリット・デメリット

遺品整理を業者に依頼するメリットは複数あります。
そのなかでも重要なのは、遺族にかかる負担を大きく軽減できることです。
公的な手続きをはじめとして、故人のために行われなければならない処理はたくさんあります。
業者に遺品整理を任せておけば、空いた時間をそれらの処理に回せるようになるのです。
また、作業の質が高いこともメリットであり、大切なものを誤って捨てるような心配はありません。
貴重品や資産価値のある品などをカテゴリごとに分類してくれます。
外に運び出すときも、床や壁などが傷つかないように配慮してくれるのです。
一方、デメリットは費用が発生することであり、指定された方法で支払わなければなりません。
混み合っているときはすぐに対応してもらえない可能性もあります。
したがって、できるだけ早い段階で予約をすることが望ましいです。
とはいえ、たいていの場合は翌日には取り掛かってくれるでしょう。
立ち会いが不要な場合もあるので事前に確認することが大事です。

遺品整理業者の選び方で押さえておきたいポイント

遺品整理業者の中には悪徳な業者も一定数存在しているため、遺品の整理を依頼する業者は慎重に選定しなければなりません。
具体的な業者の選び方としては、まず訪問見積もりを依頼して明確な明細書を提示してくれるか確認しましょう。
優良業者は、必ず訪問見積もりを行った上で作業内容ごとの料金が記載された見積書を出してくれます。
一方で、訪問見積もりに応じてくれなかったり、見積書に細かな作業内容がなく一括料金しか記載されていなかったりした場合は注意が必要です。
また、遺品整理士が在籍しているのかも確認しましょう。
遺品整理士は、遺品の整理に関する高い専門知識を持った方が取得できる民間資格です。
この資格の取得者が在籍しているということは、遺品整理に真摯に向き合っている証拠なので、業者選定の基準にすることができます。
さらに、訪問見積もりでのスタッフの対応をチェックしたり、ホームページに記載されている会社の実態や実績を確認したりするのも大切ですし、SNSなどで実際に利用した方の口コミを参考にするのも良いでしょう。

著者:鈴木圭太

筆者プロフィール

長野県長野市出身。
地元で遺品整理業者として数多くの現場を経験。
実体験をもとに遺品整理に関する記事を書いています。