遺品整理で失敗しないコツとは?初めての方にも分かりやすく解説します!

近年は一人で暮らしているお年寄りがふえており、訃報を聞いて久しぶりに自分の実家に帰るという方も少なくありません。
そして家族が亡くなった悲しみに浸ること無く始めなければならないのが、故人の残していったものを親族で共有したり、処分したりする遺品整理です。
非常に大変な作業となるので、事前にしっかりと知識を身につけておいて、そのような場面に出くわした時に、失敗しないで済むようにしましょう。
初めての方も、ポイントさえ抑えておけば心配ありません。

遺品整理で失敗しないコツとは?初めての方にも分かりやすく解説します!

まず遺品整理で生前の暮らしがわかっている方であれば、基本的に何がどこにしまってあるのかを把握しているので問題ありませんが、何十年も離れていた場合には、様々なものを探すところから始まります。
遺品整理で一番大切なのは、相続が必要なものを把握する事です。
それが失敗しないポイントです。
本人の遺言などが残されていれば、簡単には財産分与が出来なくなります。
また、銀行の通帳や実印等のお金や貴重品についても、本人しかわからないようなところに隠している可能性があるので注意が必要です。

遺品整理の進め方とは?大まかな流れを押さえておこう

遺品整理を行うときには、事前にその流れを理解しておかなくてはいけません。
具体的には、まず遺言書やエンディングノートの確認です。
特に、遺言書が存在する時には独断で処分を行うことでトラブルになってしまう可能性もあります。
被相続人の意思表示が存在するかどうかを確認して、そこからどういった形で進めていくのかを確認しなくてはいけません。
そして、相続人の中で話し合いが済んだ後はどういった形で処分をしていくのかを考える必要があります。
例えば、遺品整理とはいっても流れとしては保存と売却、そして寄贈の3つが考えられます。
遺品整理の処分の仕方は様々で、相続人がいるときにはその人たちの同意や納得のいく形で進めていかなくてはいけません。
当然、廃棄という選択もあり得ます。
全く使えないものや置いておいても意味がないものに関しては、廃棄しても問題ありません。
ただ進め方については、絶対に1人で決めるのではなく残された家族と相談をするのが鉄則なのでこの点を覚えておきましょう。

遺品整理をスムーズに進めるコツとは?

遺品整理をすみやかに実施したいなら、事前にしっかり段取りしておくことが欠かせません。
いきなりスタートしても、現場が混乱して収拾がつかなくなるでしょう。
特に意識すべきコツは品物のカテゴリ分けを行いやすくすることです。
ダンボールを3つ用意して、それぞれにラベリングしておきましょう。
具体的には残す物と捨てる物、迷っている物という3種類です。
そして手に取って10秒以内に判断するというルールを設けておきます。
その時間内に決定できない場合は、自動的に3つ目の箱に入れなければなりません。
これを次々と実践していけば、一般的な規模なら1日もあれば十分に対応できます。
とにかくスピードを落とさないように進めていきます。
一度でもじっくり考えて込むと、その後もそういう対応が頻繁に起こりやすいです。
そうなると遺品整理が完了するまでに3日以上かかるかもしれません。
とにかく1回目の分類をスムーズに終わらせるようにしましょう。

遺品整理で残すものを選定する際のポイント

家族が亡くなると葬儀をしますが、葬儀が終わった後に遺品整理をするケースが多いです。
故人が残した遺品を整理することになりますが、どのような物を残せばいいのか悩んでしまう可能性があります。
そもそも遺品とは故人が残した物が該当するので、貴重品や金品など以外の家電や家具なども該当してきます。
家電や家具を遺族が使うことができれば残しても問題ありませんが、洋服などは本人以外は着られないケースも珍しくないです。
記念に少しの洋服を残すことはありますが、大量に洋服がある場合は選定をして残したほうが管理が簡単になります。
基本的に遺族が残したい気持ちを持っていたり、使うことができるのであれば残すものに該当する筈です。
選定をして残さない物が決まったら、廃棄をすることになりますが、遺品整理の業者を利用すると買取をしてくれるケースがあります。
普通に廃棄するのに抵抗がある場合は専門業者に相談をして、最初の段階から助けて貰うのが大切です。

遺品整理でよくあるトラブルと予防法

遺品整理では訪問による見積の金額よりも高い料金を請求されたというトラブルが多く見られます。
見積で提示された金額よりも高い料金を請求されるトラブルを避けるには、スタッフが訪問した際に追加料金がないことをしっかり確認するとよいでしょう。
見積書を交付せず口頭で契約を迫ってくる業者は避けた方が無難です。
予想以上に高額な金額の見積書を提示し、大声を出すなど無理やり契約を迫ってくるというケースも存在します。
このような業者は女性や高齢者などを狙って無理に契約を締結させようとするので、なるべく男性が立ち会うようにするとよいでしょう。
高価な遺品を不当に安い価格で買い叩かれるというケースも多く見られます。
依頼人が買取相場を知らないことにつけ込んで、骨董品や掛け軸など高価な品物を安く買い叩く業者も存在するので注意が必要です。
高価な品物がある場合は遺品整理のついでに買取を依頼するのではなく、複数の買取業者から見積を取る必要があります。

人気と実力を兼ね備えた優良な遺品整理業者の特徴

お葬式の準備をしたり役所で手続きをしたり遺産分割協議を進めたり各方面にお知らせしたりお墓や仏壇を買ったりなど、大切な家族を亡くした遺族はやることがたくさんあり大忙しです。
遺品整理もそのひとつです。
悲しみのどん底で心身ともに疲れ果てた状態で遺品整理をするのは大変ですので、専門業者に依頼するのが賢い選択です。
頼れるものには積極的に頼るべきです。
人気と実力を兼ね備えていて多くの人に選ばれる優良な遺品整理業者の特徴についてですが、遺品の整理だけではなく不用品回収や買取やハウスクリーニングなどのサービスも付いている、スタッフ教育が行き届いていて一つ一つの仕事が丁寧、相場よりもリーズナブルな料金でありながら高品質なサービスで満足度とコストパフォーマンスが高い、信念や理念やコンセプトが明確でそれにそったぶれない経営をしているなどがあります。
ホームページや口コミサイトやSNSなどをチェックして、まずは情報収集をしましょう。

法律順守で24時間365日対応する優良遺品整理業者

遺品整理なら法律を遵守し年間10000件以上の年間10000件以上の対応実績があり、見積もりに出張費や深夜休日が全て 0円で24時間365日最短10分で訪問可能な業者がおすすめです。
実績ある遺品整理業者は、専門のスタッフが孤独死や吐血清掃や事件現場等の特殊清掃から生前整理や空き家整理など遺品整理にゴミ清掃まで行います。
遺品整理業者に仕事を依頼するのは、まずご連絡いただくと専門のスタッフがご状況をお伺いし状況確認をして無料で見 積もりを提出します。
それから見積もりの金額や内容に納得されたら、作業日調整しますが作業日はお客様様のご都合に合わせてご対応させていただきます。
そして作業完了しましたら作業完了書の署名されると作業完了となり、気になる箇所あれば改善されるまで徹底的に対応しますので、安心して依頼できます。
お客様の元へは研修を受けた自社スタッフが伺い全他社を通さないため費用が安価ですし、お支払い方法は現金やクレジットカードや銀行振込、コンビニ支払いがあります。

遺品整理は相続手続きにおいて面倒なことになりえる

相続は身近な家族がなくなった方が志死亡した場合に限られません。
生前に没交渉になっており、身寄りが誰もいないまま死亡して長期関係化してから発見されることもあります。
いわゆる孤独死問題ですが、よくあるのは賃貸借物件で最期のときを迎えて家主から退去を迫られて困るという事例は最近増加していまさう。
この手の事例ではプラスの財産はない反面、葬儀費用や賃貸借物件からの退去にあたって原状回復費用が発生するなど、マイナスの財産が残るというのは珍しくないわけです。
たまらま相続人というだけで、遺品整理の必要性に直面しています。
遺品整理では、不用品やゴミの分別などにとどまらず、最悪の場合特殊清掃が必要になることも想定されます。
加えて行政上の手続きなども同時進行になり、処理に携る親族の心労は相当のものです。
このような場面こそ遺品整理の専門業者の活用を検討するべきです。
遺品整理士などの専門資格者が在籍していればなおさら安心できます。

遺品整理の失敗例とはどのようなことがあるのか

遺品整理をすることで遺品をきれいに片付けていくことができますが、個人的にやる場合もプロに依頼をする場合も失敗例があるので、事前に知識として身につけておくのが大切になるはずです。
遺品整理をするときに必要になるのが、遺品をどのようにして処理したり、管理をするのかになりますから、その部分を考えておくことができないと問題を抱えてしまうことがあるので注意をしないといけません。
遺品整理で失敗するとしたら、最初に話し合っておくことができないことで、タンスなどに故人が保管していた現金などを廃棄してしまうことだと考えられます。
泥棒対策で見つけにくい場所に隠していることがありますから、慎重に探していくことができないと、結果的に遺産になるお金などを失うことがありますから注意をしないといけないです。
遺品整理をするときは故人が残した現金などの遺産をしっかりと見つけることが大切になるので、不安を抱えているような場合は故人が生きている段階から話し合っておくのが大切になるかもしれません。

料金を極力安く抑えられる遺品整理について!

顔z久野氏は誰にも平等にやってきます。
どれだけ屈強で頑丈な両親であっても、自分よりも何十年も年を取っている親は自分よりも先に寿命を全うしなくなっていくものなのです。
悲しみに暮れている暇がないほど、早く葬儀を修了させ、四十九日をすぎたころから遺品整理を行っていかなければいけません。
その費用を極力安く抑えたいというのは遺族にとって当たり前の心情です。
なぜなら、この後もお墓の建立など何かと費用は掛かってくるからです。
最も安く遺品整理を行う方法は、遺族である家族が自らの手で行うことです。
だが一人の人間が亡くなると、想像以上に遺品があり特に衣類や写真、生活用品に家具の整理や処分は大変な作業になるんです。
そこでお勧めしたのは、便利屋を活用して整理することをお勧めします。
遺品整理業者よりも丁寧さには欠けるかもしれませんが、確実にスピーディーに整理してくれるのです。
料金も遺品整理業者の半分の値段でできることが有ります。

著者:鈴木圭太

筆者プロフィール

長野県長野市出身。
地元で遺品整理業者として数多くの現場を経験。
実体験をもとに遺品整理に関する記事を書いています。
長野県で遺品整理をしよう!